食感が与える美味しさの意味とは?

未分類 飲食

皆さんは食べる事がすきでしょうか?

スポンサードリンク

ほとんどの人が好きですよね。当たり前の事を聞くなと言われますよね。

いきなり、結論です。

食感が与える美味しさは想像以上に大きい!

です。

つれづれと書いてみますね。

今、「何が?」と思った方はほとんど歯の良い方だと思われます。

逆に「そうやな。」と思った方は入れ歯だったり差し歯だったりで食事時噛む事に

気を使われる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?

「柔らかい」

「硬い」

「もちもち」

「ぐにゅぐにゅ」

「サクサク」etc・・・

など甘い、辛い、苦いといった味覚の表現とは違った、

食べる事にたいしての表現は日本にはかなりありますね。

日本の食感用語の数は445に上る。
フランス語の食感用語は227語。
中国語は144語。英語は77語。
(独立行政法人・食品総合研究所調べ)

との事で、世界のグルメ大国をはるかにしのぐ表現が日本にはあるのです。

そう、食べる時には舌だけではなくて、噛み心地、つまり歯や歯茎といった部分でも

味わっているんですね。

上記のように日本には食感をもいろんな食べ物に表現しており、

味や匂い、見た目だけでなく、様々な事を食の世界に取り入れている

和食は、改めて凄いと、感じざるを得ません。

今は

柔らかい=美味しい

の方程式が日本では優勢で硬い食べ物は嫌厭されてますよね。

確かに柔らかい食べ物は美味しいですが、せっかく、これだけの食感表現の

ある日本に暮らしているのですから、もっといろんな食感の食べ物を

たのしんではいかがでしょうか?

せんべい、するめ、干し芋など、私自身もなんか食べたくなってきました。

噛む事の効能はいっぱいありますよね。

  • よく噛む事で唾液が多く分泌される。
  • 脳の血流がよくなる
  • 少しの食事量でお腹が満たされる

など知っていても実践するのが難しい事でも硬い食べ物では

よく噛まざるを得ないので、結果健康には良い食事に必然的になってしまう。

この辺りは、多分無意識では難しいと思うので、意識的に食感を意識した食事

にする事も大事ですね。

美味しく食べて健康に

何かのキャッチフレーズみたいですが、これを目指していきたいですね。

スポンサードリンク