健康 未分類 飲食

風邪の予防法を簡単に?

若い頃は私はほとんど、風邪などひいたことがなかったが、年をとるにつれて1年に一度、とくに1月は、風邪をひきやすくなったみたいだ。しかも、その一度の風邪がヒドイ事が多く、39度、40度台の熱を伴うのである。

スポンサードリンク

しかし、意識して少しではあるが、健康に気をつけ始めた頃から、風邪をひいたとしても、あまりひどくなく、ノドの痛み程度ですんだりする様になったのである。まぁ、ここ2年程の話しなので、これを継続して、風邪などひかない様になれる様、これからも養生して行こうとは思う。

さて、何が効果があったのだろうか?私が以前とは違う事をし始めたことの一つに

「鼻うがい」

がある。これは、花粉症にも効果があったのだろうか、こちらの症状もだいぶん、楽になったのである。

やり方は、とてもシンプル。100円均一でも売っている様な、お好み焼きやさんにある様なソースやマヨネーズなどを入れて、ピューっと出すあの容器。これに家庭用浄水器を通した水に食塩をひとつまみ程入れて、よく振り、鼻の中に突っ込んで、ピューっとします。半分ぐらいしたら、逆の鼻の中にもピューっとします。この時耳に水が入らないようにする為、「あ〜」と声を出しながらすると良いようです。

真水だけだと、プールで泳いでいる時に感じたことがあるであろう、あの、ツンとした感覚がしますが、食塩を入れてあげることにより、この感覚はほぼ無くなります。あと、浄水器がないという方は水道水でも良いとは思いますが、冬だと冷たいので、少しでもよいので温かめの水を使用してあげるのも、よいですよ。

喉のうがい。これは結構皆さんされる方も多いと思いますが、呼吸は口だけでなく鼻でもしているので、こちらにも気を使い、ケアしてあげるのも風邪予防対策の一つではないでしょうか?

あとは、腹八分目を心がける。

私の父親が、腹八分目、あわよくば、六分目を心がけた食事をしています。スタイルを気にしての事もあるのでしょうが、これが、父親なりの健康法の一つのようです。

今度機会があれば、読んでみたい、

貝原益軒の「養生訓

これにも、腹八分目が良いみたいな事が書かれているらしいですね。

食べる事、飲むことが大好きな私にはなかなか難しいことですが、意識はするようにしています。

これも、風邪をひいても、あまり酷くならなくなった原因の一つかもしれません。

「空腹が人を強くする。」

こんな言葉がどこかの国にはあるらしいですね。つまり、腹八分目が健康に良いのは世界的にも共通の認識なのかもしれませんね。

育ち盛りのお子さんには、オススメはし難いですが、受験勉強など、夜遅くまで起きて、夜食を食べて尚更眠たくなる(過去の私ですね)、そして、ろくに勉強せずに寝てしまう。よりは、少し空腹気味のほうが、満腹のときよりかは集中力がますので、腹八分目、夜食は控えめにしたほうが私の経験上は、良いのかなぁ、と思います。

プラス、風邪などひきにくいかもしれませんし、健康上のメリットもあるかもしれませんしね。

でも、そこは人それぞれなので、私が良いと思ったことを、つれづれと書いてみただけなので、これを見てくれた人の参考に少しでもなればいいなぁと思いつつ、終わりにしたいと思います。

 

スポンサードリンク

-健康, 未分類, 飲食

Copyright© つれづれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.