健康 未分類

禁煙セラピーで禁煙

私は禁煙に成功して十数年になる。

スポンサードリンク

我ながら、良く辞めれたものだ。

しかし、そう簡単に辞めれた訳ではない。禁煙を決意してから、約一年ぐらいは吸ったり、辞めたりを何度も繰り返した・・・

「俺、禁煙する!」

と仲間たちの前で宣言してから、30分後には又

「明日から禁煙するわ〜」

と言って挫折した事が何回もあるのだ。

ある時は半年間の禁煙に成功していた時、海外旅行に出かけ、ふと、腰掛けたテーブルの前に誰かが忘れたであろう、タバコが一箱^ ^

一緒にいた仲間が、

「吸ちゃえよ(笑)」

の一言で

「よっしゃ〜」

と言って海外で気が大きくなっていたのかまた吸ってしまったのです。

 

で、たぶん辞める事が出来た大きなキッカケは、2チャンネルかもしれない^^

そこにあった、禁煙系のスレッドを読んでいると、アレン・カーの
「禁煙セラピー」
なるものが、紹介されていた。
そこで、早速私も禁煙セラピーを買って読んでみた。

詳しくは本を読んで頂くとして、ざっくり言うと、喫煙とは洗脳であるという事らしい。

そこに書かれている事たちは、それまでの私には無い考え方が多く掲載されていて、
すごく新鮮な感動を覚えた。

ある考えでは、禁煙して1週間ぐらいで体内のニコチンはほぼ、体外に排出されるらしい。

ならば、ニコチン中毒、つまり喫煙習慣は1週間我慢出来れば治まるはずである。

しかし、私は今でも、もし、余命2〜3年とか、明日地球が滅亡するとかになったら、

「シュポ」

とやってしまうかもしれない( ´ ▽ ` )ノ

そう、私はたまたま上手く禁煙できただけで、運が悪ければ今でも吸っていたかもしれない。

つまり、洗脳が解けきれない限り永遠と、スモーカーにすぐ戻ってしまうかもしれなのだ。

昨今、タバコは値上がりが続けていて、私が吸っていた時より倍以上になってしまっている。
昔飛行機や、バス等の公共交通機関で喫煙できていたのが、本当嘘のようである。

で、禁煙セラピーを読んだ結果、一時は禁煙できたものの、再びある飲み会の席で
また、やっちゃいました・・

が、最後には禁煙できない自分自身に腹が立って、きまぐれで買ったタバコを、1本も吸わずに握りつぶして捨てて、ようやく禁煙に成功!

ここで、禁煙に成功する事が出来たのは、「禁煙セラピー」に書かれていたメッソドが頭の中にあり、結果に結びついたのだと思う。

友人、知人のなかにはあっさりやめれた人達もいるが、私はなかなか苦労して、ようやく禁煙できた人間である。

根性だけで、なかなか禁煙できない人には、一つの方法として、

読書による禁煙

をお勧めします。

スポンサードリンク

-健康, 未分類

Copyright© つれづれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.