栗節句、菊節句(重陽の節句)を祝おう!

未分類 生活

皆さん、9月9日は

スポンサードリンク

栗節句

というのをご存知でしょうか?

私は幼い頃から、祖母がこの日は栗の入った赤飯を作ってくれていたので、

深く考える事もなく、9月9日は栗を食べるものだと思っていました。

「くり」だから9。「きく」だから9。

語呂合わせか・・・

ぐらいにしか思っていませんでしたが、ちゃんと謂れがあるみたいですね。

中国では奇数は縁起のよい陽の数とされ、一番大きな陽の数である9が重なる9月9日をおめでたい「重陽の節句」としていました。我が家では「栗」でしたが、「菊」を使って祝ったりもするみたいですね。

  • 一月七日(人日の節句)
  • 三月三日(桃の節句)
  • 五月五日(端午の節句)
  • 七月七日(七夕)
  • 九月九日(重陽の節句、栗節句)

など、季節ごとの節目ごとに、その季節の食べ物でお祝いする。

四季があるからこその行事ですよね。

ただ毎日を過ごすのではなく、四季折々を楽しみ、そして味わう。

今の忙しい世の中で、忘れ去られている事も多いのではないでしょうか?

例え知っていても忙しいし、面倒だという理由などで普段と変わらない生活を

送ってしまいがちですよね。

ですが、せっかくですので、こういう日本古来の行事も楽しんではいかがでしょうか?

何かしら季節の変化なりに気づく事が出来るかもしれませんし、

それが家族や仲間たちとの会話やコミュニケーションに役立ってくれるのでは

ないでしょうか?

私は、きっとそう思います。

菊節句のお祝いの仕方として、

「菊酒」

なんてのもあるみたいですね。

色々とレシピもあるようですが、

よく洗った食用菊を、キッチンペーパーなどで水分をよく拭き取り

日本酒に浮かべて飲む。

これが1番簡単そうなので、今度の菊節句には是非試してみます。菊の量で香りが

調整できるみたいなので、せっかくですから、菊一輪丸ごと入れてみましょうかn

なんか、とても風流で和歌の一つでもできそうな気がします^ ^

それ以外でも

栗を使った和洋のお菓子。モンブランや栗まんじゅうなど、

「今日は栗節句だから」

と理由をつけて食べるのもいいんじゃないでしょうか?

私がもし、お店のオーナーや店長ならこれに、あやかって商売を

考えそうですね〜

以上、栗節句、菊節句、重陽の節句。

1年に1度しか無い日を、皆さんもそれぞれ楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク