手帳(ほぼ日手帳)をメルカリで買ってみた。

生活

毎年、手帳をてにし、

スポンサードリンク

「今度こそ、使うぞ!」

と意気込む人は私だけではないはずです。

私も何度もトライだけは、してきました。

そして、何冊もの手帳がほぼ白紙のまま、

いつの間にかどこかへ消えていきました。

不思議ですね(結局使わず、捨てただけともいう)

今まで、

  • 学生手帳
  • 電子手帳
  • 高価なシステム手帳
  • 会社から支給される手帳
  • 能率手帳
  • 100円均一の手帳

etc…

など、いろいろ使ってきました。

新しい、しかも一目惚れするような手帳。

買おうか、どうしようか?

「結局、使わないんじゃないか?」

「いや、今度は使う!」

そう、意気込んで、メルカリで見つけた

「ほぼ日手帳」

を、注文しました!(中古ですが)

ところで、皆さんは「ほぼ日手帳」

ご存知ですか?

手帳でも売り上げが、「ロフト」で何年も

ナンバーワンを記録している手帳だそうです。

私は、なんとなく名前は聞いた事があるし、

「ほぼ日」

といえば、糸井重里さんなので、

「糸井重里さんが、作った手帳なの?」

という、発想です。

大体は、あたってるみたいです。

「なんか、おもしろそう。」

カバーもいろいろあって、それだけでも

かなり、楽しいです。

「さすがは、糸井重里さん!つかみは完璧!」

そう、私は実際に本物の手帳を、手にする事なく

ネットで見た情報だけで、購入を決定したのです。

でも、分かってくれる方はいますよね?

そう、実物を見ずとも、絵だけで買う。

「コピーライテイング、最高ですよね!」

さすがは、糸井重里さん。ですよね。

届くのが、楽しみです。

今は、書く気、まんまんです。

そのため、ネットで「ほぼ日手帳」の使い方

の、掲載されたページを、見まくってます。

(この熱を手帳を書く事に、注げば良いのにね)

さあ、この後どうなっていくのか?

また、ブログにアップしてゆこうと思うので、

これを目にした方は、生暖かい目で、

みてやって下さいね。

 

スポンサードリンク