口内炎はなぜできるの?その原因と対策とは?

未分類

先日娘に口内炎ができ、

スポンサードリンク

「痛い」

と私に言い、

口の中を見せてくれました。

確かに小さいけれど、確実に口内炎ができていました。

そこで、

「なんで、口内炎ってできるの?」

と聞かれました。

「疲れたらなる時もあるよ。」

「ビタミンをいっぱい取ろうね。」

と言ったものの、確かに詳しい事は知らなかったので、

調べてみました。

  • 自分の歯で噛んでしまったり、転んだりして傷がついた事
  • ストレスや栄養不足
  • ウイルスによるもの
  • カビによるもの
  • その他アレルギーや虫歯、やけど
  • 合成界面活性剤や化学的なものによる刺激

など、いろいろと原因があるようですね。

なので、はっきりとこれが原因です。

というのは今のところ難しいようです。

私自身もそうですが、口内炎ぐらいであれば、

放置しておけば、そのうち治りますよね。

たいがいは、心配ない事が多いみたいですが、

2週間以上たっても、改善しない場合は最悪

口腔ガン

の可能性もあるというお医者さんもいるようなので、

まずは、よく観察してみましょう。

口内炎になると、痛さゆえ、食事を取るのも

つらい時がありますよね。

特にお子さんなどは、大人以上につらい

時もあるかもしれませんよね。

そういう時は、無理に食べさせる事は難しい

かもしれませんので、本人がいやがるのであれば、

様子を見て、食べれるものを与えるのが良いようです。

なお、乾燥も口内炎には、良くないので、食欲がなくても

水分とミネラル(自然塩など)は積極的に取るのが

良いようです。

以上、自分の子供にも話せるよう、書いてみましたが、

何か参考にしていただけたら幸いです。

 

スポンサードリンク