七五三の意味は?千歳飴の意味は?

未分類 生活

七五三、正直秋の行事?というぐらいで、

スポンサードリンク

その意味までも知らなかったので、今回調べてみました。

3歳   「髪置(かみおき)」   男女とも3歳で髪を伸ばし始める。
5歳   「袴着(はかまぎ)」   男の子が5歳で袴を着け始める。
7歳   「帯解(おびとき)」  女の子が7歳で帯を締める着物にかえる。
との事で、子供の成長を祝う行事のようですね。
もちろん、今はこのような、風習はなくなりましたが、
ただ、七五三だから、着物着て、お参りに行く、
というのではなく、
「よく、ここまで、成長をしてくれたな〜」
と思いながら、過ごすことこそが、だいじなのかもしれませんね。
昔は、今よりも幼くして命を落とす子が多かったみたいで、
その成長を祝う行事が、縁起が良いとされる、奇数の歳に
行われるようになったのは、ある意味自然な成り行き
だったのかもしれませんね。
上記のように、七五三はお祝いするので、
男の子は、3歳と5歳でお祝いするようです。
女の子は、3歳と7歳でお祝いするのが、
一般的なようです。

11月15日

この日が七五三のお祝いをする日とされているようですが、
仕事や学校など、いろいろあるので、今はその前後で、
都合が良い日にお参りするのが、一般的なようですね。
この日も、昔、江戸時代の、徳川綱吉の髪置きの儀を行うのに
縁起の良い日を調べたら11月15日だったという話みたいなので、
現代では、こだわりすぎなくても、良いと思います。

千歳飴

で、お参りの帰りは決まって千歳飴を持って帰りますが、
千歳飴、読んで字のごとく、千年、つまり長生きして欲しい
という願いをこめて、細く長い飴を江戸時代の、元禄、宝永時代、
浅草の飴売り七兵衛が売り始めたのが、始まりらしいです。
それが、現代でも続いているのはすごいですね。
七五三、行こうかどうしようか、迷っている方、
行けるのなら行ったほうが、絶対良いですよ。
七五三の時期は、一生で、1回きりなのですから。
子供にとっても、良い思い出になってくれるはずです。

スポンサードリンク