未分類 飲食

ホットプレートでたこ焼き

我が家ではちょくちょく、ホットプレートを使って食卓を囲む。

スポンサードリンク

まあ、別段珍しいことでは無いかもしれないが、普段と違ってホットプレートを

使って頂く食事は普段とは違ってなんとなく、プチパーティー気分になれるような気がする。

焼肉、焼きそば、お好み焼きに餃子。そして、今回テーマにも選んだたこ焼き。

なんとなく、インドアでできるバーベキューの様な感じなのだ。

家の中でホットプレートを使うと、周りに油が飛び散り後片付けが大変だったりもするが、

まあ、掃除機での掃除以外、つまり拭き掃除をする良い機会だと思い割り切ることにしている。

さて、ホットプレートでのたこ焼き、我が家が火力が弱いのか、焼くのに

時間がすごくかかるのだ。

確かに大阪に住む弟宅のたこ焼き機はカセットコンロのガスだし、

同僚の大阪人もたこ焼きはガスで焼くみたいだ。

以前はもう少し焼くのにこんなに時間はかからなかった様なきがするが、先日の

たこ焼きは家族全員、焼けるまで待ちきれず、途中でうどんを作って食べることができるぐらい

時間がかかったのだ。

もう、購入してから8年程経つので、寿命かもしれないが、カセットコンロは我が家にあるので

たこ焼き用の鉄板を探してみようと思う。

ところで、たこ焼きの具は皆さん何をいれるだろうか?

たこ焼きなので、タコはもちろん、すじこん、ウインナー、ツナ、etc・・

我が家ではチーズを入れたり、キムチも入れてみたりする。

私自身はタコとキムチを入れた、「タコキムチ たこ焼き」

が今はお気に入りである。

酒の肴にも最高の1品になる。

他にも何かあれば試してみたいものだと、たこ焼きをするたびに考えてしまう。

大阪人の同僚曰く

「たこ焼きにはタコやろ!」

というのが、やはり王道で最終的にはシンプルにタコの入ったたこ焼きが

1番美味しいのかもしれないが、いろいろ試すのもなかなか面白いものである。

そう、既成概念にとらわれずに、新しいものを発見し続けていく、

こういう、スピリッツが(たぶん)大事なのだ!

なので、家でたこ焼きをした事がないという方、スーパーに行けば

たこ焼きの粉があり、作り方とかも裏に書いてたりするので、機会があれば

やってみるのもアリかなと思いますよ。

作り方もすごく簡単ですしね。

材料を混ぜて、好きな具を入れて焼くだけ。

凝り始めると、外はカリっ、中はトロっとしたものを作りたくなったり、

職人のようにたこ焼きをクル、クルと焼いてみたくなったり、食べる以外

作る事にも楽しみを発見できるのもタコパー(たこ焼きパーティーの略)の良いところだと思います。

良かったら、我が家のやり方も参考にしてみてください。

 

スポンサードリンク

-未分類, 飲食

Copyright© つれづれブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.