ブログを続けるのは、本当に難しい!?

生活

本当にブログを続けるのって難しいですね。

スポンサードリンク

意気込んで書き始めたものの、2ヶ月程、20〜30記事程で

断念というか、諦めてしまいました。

他の成功しているブロガーさんからみたら

「ふんっ」

と鼻で笑われそうですね。

ですが、気を取り直して、また、つれづれと書いてみよう!

と思い反省及び自己分析してみようと思います。

先ず、真っ先に思った事。

「俺って本当に何事も長続きしないな〜・・・」

という事です。学校なり、仕事なり、ある程度強制力のあるものは、

とりあえずは通い続けれています。

それ以外、つまりは、続けなくてもたちまちは生活に支障のない事

などは、長続きしないのですよね。

単純に飽きたり、めんどくさくなって続かなくなる。

学校には通うけれど、勉強は試験の時以外はやらない。

仕事には行くけれども、与えられた仕事しかせず、それ以外は

積極的に動かない。

何だか、書いていて自己嫌悪に陥ってきました・・

そう、そんな事だから今の人生を歩んできたのですよね。

昔から何事も長続きし、頑張り続けれる人ならば、

今よりももっと良い人生を歩んでこれたのかもしれませんよね?

切羽詰まったり、背水の陣にならないと動かない。

でも、こう書いてみて、改めて自分自信のダメさを再認識

してしまいました。

と同時に文章にする事のメリットに今さらながら、

気づく事が出来ました。

頭で考えるのも大事です。瞑想がそれの理想的な方法ですかね。

でも、それとは違った文章の利点。

それは、頭で考えた事が文章という形で残る事ではないでしょうか?

自分の書いた文章を見ると、当たり前ですが、自分の考え、意見、

そういった物が文字としてリアルに目の前に現れますもんね。

心の中で考えた事はその場では、生きていますが、ものの数秒もすれば、

消え、また違う事を考えてしまう。

なので、私には文章にする事がある意味瞑想になるのかもしれないと、

この文章を書きながら今、思いつきました。

昔、小学校の宿題などで、日記を書かされたりしましたよね?

正直、めんどくさかったですし、何の意味があるか不思議でした。

ただ、その日あった事を書く。

「何の意味があんねん!」

そう思っていた私はひねくれものでしょうか?

それが、今文章として自分の思考や出来事を表す事が

人様に見せる事だけではなく、自分自身見せる効果も

すごく大きい事に気付けました。

「そんな事は自分で勝手に日記にでも書いておけ。」

とつっこまないでください(笑)

もし、私以外の、この文章を読んだ方のためになるような、

文章を書けるよう、これから精進していきたいです。

もし、この文章を読んでくださった方がいれば、

お礼を申し上げます。

ありがとうございました。

スポンサードリンク