ほぼ日手帳を初めて使ってみた。

未分類 生活

待ちに待った、ほぼ日手帳が手元に届きました。

スポンサードリンク

ファーストインプレッションは、

「文庫本?」

ページを開くと、

「分厚い、普通の手帳かな?」

といった感想です。と言うとほぼ日手帳の愛用者

方々からは、お叱りの声をいただくかもしれませんね。

ほぼ日の公式サイトで、手帳を買うと、特典で付いてくる、

ボールペン。三菱の「ジェットストリーム」ということで、

こちらは文房具屋さんで、購入。種類もいろいろあり、迷いましたが、

赤、青、緑、黒のボールペン、プラスシャープペンシルのを買いました。

スラスラ書けるし、ほぼ日手帳の紙質との相性が良いとの事なので、

手帳用のペンは、これで、決定!

何事も形から入る私ですが、分からなければ、まず、マネをして、

形から入るのも良いと思います。

「う〜ん、確かに書き心地いいかも?」

と思いつつ、ほぼ日手帳に、ジェットストリームで、初記入。

ページの下には、1日一語みたいに、為になるような文章が

書かれています。

うん、これも毎日手帳を書く為に効果がありそうですね。

この、文章を読みたいが為に、毎日手帳を開く。

これで、毎日手帳を書く習慣がつきやすくなる。

という事もありそうですね。

「一石二鳥」ですね。この辺りもほぼ日手帳の、

作りが良くできてるな〜と、思えるところですね。

為になる事が書かれていて、勉強になりつつ、

手帳を自然と手にする習慣がつく。

そうすれば、手帳に何かしら記入する確率は、

確実に上がりますもんね。

この辺りの作り方が、受けているのかもしれないですね。

今まで、手帳三日坊主だった私でもこの手帳ならば、

今まで以上には、何か、書いて行こうという気が

してきました。

今日は、とりあえず、「永」という漢字を手帳に、

書いていきます。

「永」という漢字には、とめ、はね、はらい。

といった、文字を書く上では大事な要素を兼ね備えた漢字

なので、試し書きにはもってこいの漢字なのです。

パソコンや、スマホなど、便利なものがはびこる

世の中で、あえてアナログ的なものを使う。

ここには、何か人とは違ったアイデアだったり、思想だったり、

その人独特なものを生み出してくれるかもしれませんね。

気負いすることなく、この手帳を使って行く事にします。

 

スポンサードリンク